スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港で IDEOS 買っちゃいました

香港で IDEOS X3 を買っちゃいました!

DSC_0002.jpg

DSC_0002a.jpg

DSC_0003a.jpg


なぜ買ったかというと、現地でデザリングをして、日本から持参したスマートフォンIS04と妻のパソコンをWi-Fiで使いたかったから。
この場合のデザリングとは、スマートフォンなどの端末で携帯電話の電波を受信し、端末でWi-Fiの電波を出す。あるいはその逆。
つまり、モバイルWi-Fiルーター機能を備えたスマートフォンです。
最近では国内の通信各社でも発売していますね。

香港で購入したので、当然SIMフリーです。現地(香港以外でも)でSIMカードを購入すれば、ローミングせずに済むので通信費が格段に安くなります。

例えば、日本で契約したスマートフォンやタブレットを海外で使う場合は、当然ローミング料金がかかります。
1日当たり2~3千円程度でしょうか。5日も滞在すれば1万~1.5万円掛ります。デザリングの場合の料金体系も確認する必要があります。

今回は様子見としてHKD98分のHSDPA対応のSIMカードを千円で購入しました。基本的にはこれ1枚で十分です。
私の場合、パソコンから写真をたくさんアップしたのでデータを使いすぎてしまい、2枚目を購入しましたのでHSDPA Broadband Access Rechargeable SIM Card(1日HKD28上限のSIMカード)のほうがお得でした。次回はそちらにします。


香港のホテルは、1日当たり1~2千円のネット料金がかかります。
3泊するので、その金額をWi-Fiルータ購入費に回そうと思ったことが、購入のきっかけです。
Wi-Fiルータだけですと8千円程度からあります。

旅行前にWi-Fiルーターを探していたら、今回購入した香港にショップを持っている日本の業者さんを見つけました。
香港から日本へ入荷してから発送だとのことで、旅行先のホテルで受け取ることにしました。
端末の話を聞いているうちに、電話も掛けられ、ディスプレイもあるスマートフォンのほうが何かと便利だということで、予定を変更し、IDEOS にしました。

現地ですぐ使いたかったことと、日本語説明書が無いことなどから、初期設定済の状態で渡していただきました。
端末は日本語表示で設定してもらったので、受け取ったらすぐに使えて助かりました。

型番  HUAWEI X3
価格  HKD1,900(18,658円)

Amazonではもう少し安く売っていますが、今回はすぐに必要だったり、設定のこともあるので、これはこれで良かったと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

香港・三亜(海南島)のバケーション (香港→羽田)

10月7日(金)


香港に着いた。
一度入国して Arrival Lounge を体験し、改めて出国するか、それとも、乗り継ぎとしてセキュリティーだけ通るか。
迷った末、めんどくさいので乗り継ぎを選び、セキュリティーのみ通過して THE PIER へ直行することにした。
三亜のラウンジでもらったペットボトルの水が残っていて、セキュリティーで止められた (^^ゞ
乗り継ぎ客用なので、良くあるのかもしれない。『大丈夫だから飲んじゃって!』と日本語で言われた。


キャセイのラウンジはヌードルバーがあるので、早速行ってみた。

DSC06834.jpg


坦坦麺が有名だと聞いたが、海老ワンタンメンを注文してきた。

DSC06835.jpg


料理が出来上がると教えてくれる機械。
音が鳴るとうるさいので、静かに点滅するだけ。

DSC06836.jpg


海老がプリプリのワンタンメン。
香港で食べた海老は、どこの店もプリプリだったので、香港の特徴なのかも?

DSC06837.jpg


食後はラウンジ徘徊 (^^ゞ

DSC06833.jpg

DSC06838.jpg


時間が来たので搭乗ゲートに行ったが、案の定待たされた。
定刻…という言葉はないのかもしれない。

今回乗るキャセイ。2階席が私達の座席。
やっぱりジャンボはいい機体です!

DSC06839.jpg


搭乗開始。優先的に搭乗できるのを妻が嬉しそうにしていた。

1階のビジネスクラス。

DSC06841.jpg


階段を登って2階のビジネスクラスへ。
この階段を昇る行為がたまらない !(^^)!
ちなみに、エアバスの総2階建A380は、ゲートの時点で1階と2階に分かれるため、機内で階段を昇ることはほとんど無い。

17771294_1356421941_248large.jpg


コックピットも、先ほどのA320と比べたら、やはりジャンボのほうが広い。

DSC06847.jpg


欧米系のCAさんが、名前だけ『○○さ~ん』と親しみをこめて呼びかけてきた。
もちろん、他の言葉は英語です (^^ゞ


ウェルカムドリンク(ノンアルコール)

DSC06853.jpg


機内食メニュー

17771294_1356421929_29large.jpg


前菜

17771294_1356421926_241large.jpg


メイン

17771294_1356421921_249large.jpg


フルーツ

17771294_1356421919_2large.jpg


JALと同じくハーゲンダッツとコーヒー

17771294_1356421917_58large.jpg

CAさんにアイマスクをもらい、シートを倒して羽田まで寝た。
ちなみに、JALと違って、こちらから言わないとアイマスクはくれない。


羽田にはほぼ定刻に到着。
ファーストクラス、ビジネスクラス専用のバスに乗ってターミナルへ移動。

DSC06855.jpg


ここでも荷物が優先的に出てきて妻は喜んでいた。

17771294_1356421894_139large.jpg


が…!!!
スーツケースが真っ直ぐ立たない。 うまく動いてくれない…。
税関の所でも倒れてしまいそうになる。
入国審査を終えた後、スーツケースを確認したら、がっぽり穴が開いていた。

17771294_1356421889_51large.jpg


空港のインフォメーションでキャセイの人を呼んでもらうことにした。
羽田空港の手荷物サービスの会社の人が来て対応してくれた。
確かに、荷物の扱いは航空会社ではなく、各空港のスタッフがやりますね。

破損個所を確認してもらったら、修理しても高額(あるいは修理不能)になるので、新しいスーツケースと交換してくれることになった。
そしてこのまま傾いたスーツケースを持って帰るのは困難だと配慮してくれて、上司の許可を取った上で宅配してくれることになった。


羽田空港を出たのが22時を過ぎてしまったが、上野発の最終列車23時38分発に間に合った。。
グリーン車も満席で立っている人もいたくらいに混雑していた。

地元の駅に着いたのは1時半近かった。
私達が改札口を出るとシャッターが降りてきた。



自宅に到着したのが午前2時。
一週間のビジネスクラス旅行が無事に終わった。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

香港・三亜(海南島)のバケーション (三亜→香港)

10月7日(金)


空港まで40元。ホテルで普通のタクシーを呼んでもらった。

三亜鳳凰空港、国際線ターミナル。
国内線と比べると5分の1位?の大きさ。
出国・入国供用の場所だというのにガラーンとしている。

DSC06789a.jpg

DSC06788a.jpg


出発時刻の90分前にゲートが開き、チェックインカウンターに行ける。
預入手荷物は羽田までスルーで、航空券も羽田まで受け取るので、ラウンジインビテーションも2枚(三亜と香港)
良く見たら、香港は THE ARRIVAL のものだった。

DSC06792a.jpg


三亜のラウンジはPriority Pass でも入れるものなので、あまり期待していなかったが、入ってみると中国っぽくておもしろかった !(^^)!

DSC06796a.jpg

DSC06799a.jpg

DSC06802a.jpg


さすがにコーヒーはインスタントだし、あるものは袋菓子だけど部屋の造りが中国!

DSC06804a.jpg


時間が来ると一人の女性が「お時間です」と言ってバス乗り場まで案内してくれた。
そこには『VIP』と書かれたバスが…!!

DSC06810a.jpg


バスの中も一応VIP仕様。

DSC06809a.jpg


機内に入ったらコックピットが見えた。

17771294_1356421979_131large.jpg


機内食は魚とガーリックトースト

17771294_1356421963_29large.jpg


妻はパスタを食べた。

17771294_1356421966_241large.jpg

1時間半のフライト中、殆どシートベルトサインが消えなくてトイレに行けなかった。
二人強引に入ってしまったが、入れなかった他の1人の客がもの凄い形相でCAを睨んでいた。
私もトイレに行きたかったが仕方ないので香港まで我慢した。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

香港・三亜(海南島)のバケーション (西島)

10月6日(木)


昨日、行けなかった西島へ行った。

ホテルのフロントで車を手配してもらい、40元だというのでとりあえずOKした。
怪しむ妻にホテルマンは『VIPです、安心、安全です』って説得していた。

そしてやってきたVIPカー(笑)
確かにタクシーと違って、外装も内装もきれいだった。
たぶん、送迎やツアーで『専用車プラン』にした場合は、こういう車とドライバーになるのだと思う。
タクシー料金より安く専用車を利用できてラッキーだった (^O^)/

DSC06645a.jpg


西島へは高速船で行くので、こんな船を想像しながら、長い列をひたすら並んだ。

DSC00495.jpg

DSC06648a.jpg

DSC06651.jpg


やっとの思いで乗船場までたどり着いたら、なんと乗客16人乗りモーターボート4~5隻が目の前に現れた。モーターボートだから間違いなく『高速船』ではあるが・・・
まぁ、中国は人口が多いので人海戦術なんだろう (^^ゞ

DSC06708.jpg


それにしても、こんな小さな船で外洋(太平洋)を進めるのだろうか?
大波が来たら転覆しそうだ (+_+)
そう思ったら救命胴衣が置いてあり、指示されても従わない中国人だが、今回だけは 『指示されなくても』 自分から救命胴衣を着けていた (^^ゞ

DSC06712.jpg


ディズニーランドのスプラッシュマウンテン並みのGがかかる縦揺れ!!
ジャンプして水面に落ちるたびに船艇が『バチン!! バチン!!』て音がする。
船が真っ二つに割れるのではないかと本気で焦った。
かなりスリルがあるが、船酔いする人は薬を飲んでおくことをお勧めする。
船の後ろ側は何もないので、遠い景色が良く見える。酔い易い人は、後ろを見るほうが酔いにくいことが分かった。

DSC06721.jpg


西島でバナナボートに乗ろうとしたが(1人100元)、チケットを買う時点で4名以上揃っていないと乗れないの断念した。
日本のように、個人客が4名揃ったら出発!というのは無いらしい。
ビーチにいる人の中から残り3人を探してくるようにと言われた。そんなの無理でしょう???
バナナボートに乗っている人は、ツアーとか家族で来ているようだ。

DSC06671.jpg

DSC06675.jpg


他にもアクティビティはあるが800元以上するので見てるだけにした。

DSC06676.jpg


ここでも電気カートが運行されていた。
歩くのが大変な人には良いかもしれない。

DSC06702.jpg


結局、散歩とハンモックでゆったり過ごしただけになってしまったが、贅沢な時間をすごした気がする。

帰りも同様に高速船で戻る。
海を眺めると未だにこんな船を使っているんだと驚いた。
目の前で見てみると、いつ壊れてもおかしくない船だった。

DSC06706a.jpg


ホテルに戻る時は、普通にタクシーを拾ったが『70元』と皆が言う。
相場が60元だと知っているので、妻が『来る時は40元だった』『せめて60元だ』と言い張っていたが、らちがあかないようで、そのことを私に伝えてきた。
私は中国語が話せないので交渉は妻任せ (^^ゞ

日本の貨幣価値を考えたら100元(約1100円位)でも良いが、言われた値段をそのまま受け入れるのは気分が良くない。
中国語は話せないが、手で『50元だ!』と私が言ったら、運転手の一人が『いいから乗れ』みたいな身振りをしたので、妻が金額を確認したら『60元でいい』と言われた。

無事、ホテルに着いて昨日買った椰子ジュースを飲んだ。
椰子の実とほぼ同じような味だった(当たり前か…)

DSC06730.jpg


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

香港・三亜(海南島)のバケーション (天涯海角遊覧区)

10月5日(水)


やっと雨がやんだので、お昼から西島へ行こうとタクシーに乗った。
ところが、高速船ターミナルに着いたら閑散としていた。というか閉まっていた。
タクシーの運転手の話だと、波が荒いので全便欠航ということだ (+_+)
欠航になるほどの高波ではないけどな~と思ったが仕方がない。
新幹線事故以来 安全 に神経を使っているのか (爆)


それで、近くにある『天涯海角遊覧区』に行ってもらった。

17771294_1353030752_84large.jpg

17771294_1353030710_125large.jpg

17771294_1353030720_186large.jpg


この遊覧区は海辺にある大きな岩に文字が書かれていて、それが目玉になっているらしい。中国らしい一コマだ。

17771294_1353030697_41large.jpg


とにかく広い敷地なので、歩くのが大変な人は数元払ってでも電気カートに乗るのがお勧め。

17771294_1353030713_87large.jpg


遊覧区を歩いていると頭上をたくさんの飛行機が飛んでいく。 空港へのアプローチになっている。

17771294_1353030724_120large.jpg

17771294_1353048255_228large.jpg


重なるときは数分に1本は飛んで来る。
また、ホテルのベランダから確認した限り、夜の12時近くまで飛んでいた。
こんな田舎になぜこれほど頻繁に飛んでくるのか? 街の規模からすると考えられないが、きっと需要があるのだろう。

行きも帰りもホテルからタクシーで60元が相場らしい。
しかしメーターは使わない。まともにメーターを使ったら多分、30元で着くと思うが…。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

とらべる屋

Author:とらべる屋
物ごころがついたころには、すでに乗り物の図鑑がボロボロで、父の友人のお土産はいつも乗り物の本。これが乗り物(特に鉄道)好きの原点?

小学2年生の時に『日本の駅を知りたい』というリクエストをしたため、父から時刻表を買ってもらったのが、旅好きの原点?

旅と言えば鉄道中心だったのが、結婚後に初めて海外に行ったことで旅のエリアが広がりました。
2010年に修行した結果、晴れてJGCになりました。

今となっては幻のスマイルパーソナルカードに出会ったことが、陸マイラーの原点?
これまでに獲得したマイルは、JAL70万マイル+ANA13万マイル。合計83万マイルです。

こんな人生を歩んできたため、とらべる屋には国内外に多くの友人が出来ました。

最新記事
最新コメント
マーケット
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
MicroAd
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。