スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三陸へ

8月10日(水)もボランティアで宮城の栗原市に行ってきました。最近イベントの準備で寝不足気味なので、新幹線で古川まで行き、そこからレンタカーで移動。

作業がお昼過ぎに終わったので、気仙沼・陸前高田に行って来ました。
先日の南三陸状態が大規模に(町ではなく市なので)起きていました。

まずは気仙沼です。市内のうち海沿いは壊滅的です。
DSC_0391a.jpg

DSC_0399a.jpg


陸地に船が直置きされる画像は『宇宙戦艦ヤマト』でしか見たことがありません。それほど異様な光景です。
DSC_0413ab.jpg


地盤沈下しているので、海水が入って来ます。
DSC_0406a.jpg


火災の残骸です(バスや巡視艇)
DSC_0392a.jpg

DSC_0409b.jpg


観光汽船乗り場の近くの物産店。裏山の高台でホテルも経営しています。
津波の被害にも合いましたが、何とか再開したそうです。
DSC_0404a.jpg


復興に資材販売店は欠かせません。
DSC_0394a.jpg



次に陸前高田です。
戦時中の焼け野原の写真を見たことがありますが、まさにその状態。
DSC_0418a.jpg


陸前高田の一本松もありました。
DSC_0415b.jpg


この建物の裏まで津波が来たようですが、新築だったのですぐに立て直したようです。
左端に写っているおばあちゃんは、人生で3度目の大津波だそうですが、今回が一番被害が大きいと言っていました。
DSC_0422a.jpg


線路も寸断され、復興はいつになるのでしょうか・・・
DSC_0428a.jpg


コンビニで見つけた地図です。
いろんな人や企業が、それぞれ出来ることをやっているのですね。
DSC_0345a.jpg



テーマ : 旅行、旅、ドライブ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。ボランティアお疲れさまでした。

被災地を見に行くまでは、失礼な話しながらちょっと好奇心がありましたが、実際に被災地に到着すると、心境が一変しました。自然に涙が出てくるほどの悲しさと恐ろしさで、早くここから出たいという気持にもなりました。本当にこれをこれから片付けるのだろうか…、と気が遠くなりますね。

お魚いちばで購入した、ぶりの煮物とサバの味噌煮。美味しかったです。微々たる金額ですが、単なる被災地見学だけでは申し訳ないと思い購入しました。

下から3枚目の写真の新築の建物。燦々たる状況の中でとても目立ちますね。一般住宅ではないように見受けますが、建てた団体は相当の機動力や行動力がありそうですね。付近の方々の力にもなるのではないでしょうか。すばらしいことです。

たくちゃんさん

日本の技術力や勤勉な国民性を考えると『動きだしたら』復興作業は早いと思います。
しかし政治力や決断力を考えると『動きだすまで』に時間がかかるのもしかりです。

新築の建物が表しているように、民間単独なら早いのですが・・・
プロフィール

とらべる屋

Author:とらべる屋
物ごころがついたころには、すでに乗り物の図鑑がボロボロで、父の友人のお土産はいつも乗り物の本。これが乗り物(特に鉄道)好きの原点?

小学2年生の時に『日本の駅を知りたい』というリクエストをしたため、父から時刻表を買ってもらったのが、旅好きの原点?

旅と言えば鉄道中心だったのが、結婚後に初めて海外に行ったことで旅のエリアが広がりました。
2010年に修行した結果、晴れてJGCになりました。

今となっては幻のスマイルパーソナルカードに出会ったことが、陸マイラーの原点?
これまでに獲得したマイルは、JAL70万マイル+ANA13万マイル。合計83万マイルです。

こんな人生を歩んできたため、とらべる屋には国内外に多くの友人が出来ました。

最新記事
最新コメント
マーケット
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
MicroAd
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。