スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港・三亜(海南島)のバケーション (香港→三亜)

10月3日(月)


朝6:20頃にタクシーで、エアポートエクスプレスの九龍駅に行った。
料金はHK$32+5(トランクに入れたスーツケース代)

駅で香港ドラゴン航空のチェックインを済ませ、身軽になってエアーポートエクスプレスに乗る。
改札で、残っていた1枚のカードをタッチ、2人通ることが出来た。やはり、2人往復でHKD140だった。

到着してすぐにセキュリティーチェックを行い、入国時に登録したe道(e-Channel)で出国。
入国の際にはシールをもらってパスポートに貼りつけるようだが、出国の時は何も出てこない。

8時にキャセイのラウンジ(ザ・キャビン)に入り、ここで朝食。
朝食の割には飲み物も食べ物もフルーツも比較的充実していた。
ランチ以降に比べると見劣りするが・・・
個人的にはスモークサーモンが気に入った。

17771294_1349742865_41large.jpg


3日前にWeb上で座席指定が出来なくなったので、機材変更になると予想。
ビジネスクラスは2-2が6列の24席だが、指定済み席が私達含め4席のみ。これはダウンサイジングになると思っていた。
やはり前日になり A321 → A320 という結果になり、他の2人はなぜか消えていた。キャンセルしたのか?

17771294_1349742764_149large.jpg


A320のビジネスクラスは2-2の2列の8席のみ。
乗客は私達夫婦のみなので個室状態 !(^^)!
CA3名で私達2人をもてなしてくれた。

17771294_1349747663_211large.jpg


エコノミークラスはこんな感じ。この後もどんどん人が乗ってきた。

17771294_1349742757_235large.jpg


機内食の洋食 (エコノミークラスには食事は出ない)

17771294_1349745087_185large.jpg


妻の中華

17771294_1349745079_158large.jpg


沖止めなので、立ち乗りバスに乗って三亜鳳凰空港国際線ターミナルへ。なんともちっちゃい (@_@)

17771294_1349747657_184large.jpg

17771294_1349747642_162large.jpg


驚いたのはターミナルの大きさだけではなかった!
いくら田舎の空港とはいえ、国際線のターミナルなのにATMがないのだ!
国内線ターミナルにはあるとのこと。逆じゃないか???
両替窓口もあったが、1回の両替に付き60元の手数料が取られるので、ここでは止めた。
とりあえず、妻が持っていた手持ちの中国元でまずは三亜駅に向かった。(明後日、新幹線で海口に行くための切符を手配しようと思った)

ここではタクシーはメーターではなく交渉制。強く出た者勝ち。
日本人で中国語が喋れないといくらでもボッたくられそう。

タクシーの運転手と白タクの運転手が仲良く相談。
100元と言われて、中国語が話せる妻は即却下!
60元で交渉成立したが、タクシーの運転手は儲けが少ないからか、白タクに私達を譲った(笑)


三亜駅のインフォメーションでATMの場所を聞いたが、ここには無いと言われた。
『バスは5元だから心配ないよ』というようなことを言われたが、そういう問題ではない。

新幹線の切符だが、台風が来ているため当日分の切符しか売らないそうだ。
運休になったときの払い戻しを考えてのことだと思うが、販売システムも中国らしいと思った (^^ゞ

17771294_1349747638_89large.jpg

17771294_1349747635_42large.jpg


今回泊まるShengyi Holiday Villa Hotel & Suites (三亜勝意大酒店)に着いたので早速ATMの場所を聞いた。
ロビーの奥にあるとのことで安心した。
が、それも束の間。そのATMはキャッシングが出来ない機械(銀聯の預金口座からお金を入出金する+@だけ)が1台だけ。
フロントに戻り両替をしたが、レートが悪い上に、扱えるものはHK$・US$・ユーロのみ。
この地区では一番大きく、プライベートプールもあるホテルなのに・・・
恐るべし三亜(爆)
仕方なく残っていたHK$を中国元に換えた。
その後、歩いて20~30分のビジネス街にある銀行へ行き、無事キャッシングを行って現金を手に入れた。

部屋はこんな感じ

17771294_1349789041_129large.jpg

『一応』リゾート地なので、バスルームには、バスタブ・トイレ・シャワー室があった。

部屋からの眺め

17771294_1349789045_122large.jpg

部屋の南面はテラスになっていて、ここのチェアーから海を一望できる。
チェックインの際に『オーシャンフロント!!』って念を押した。
事前にホテルのホームページをチェックしたら、窓が東にむいた部屋もあり、横に海は見えるものの一面に海が広がるわけではないので、『オーシャンビュー』では危険だと思ったからだ。


雨が降る前にホテルの目の前の海に入った。
台風が来ていなければ「中国のハワイ」と呼ばれるくらいに綺麗な海だそうだが…。写真は海から見たホテル。

17771294_1349750058_148large.jpg


ホテルのプライベートプール

17771294_1349750054_150large.jpg

17771294_1349750053_127large.jpg

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とらべる屋

Author:とらべる屋
物ごころがついたころには、すでに乗り物の図鑑がボロボロで、父の友人のお土産はいつも乗り物の本。これが乗り物(特に鉄道)好きの原点?

小学2年生の時に『日本の駅を知りたい』というリクエストをしたため、父から時刻表を買ってもらったのが、旅好きの原点?

旅と言えば鉄道中心だったのが、結婚後に初めて海外に行ったことで旅のエリアが広がりました。
2010年に修行した結果、晴れてJGCになりました。

今となっては幻のスマイルパーソナルカードに出会ったことが、陸マイラーの原点?
これまでに獲得したマイルは、JAL70万マイル+ANA13万マイル。合計83万マイルです。

こんな人生を歩んできたため、とらべる屋には国内外に多くの友人が出来ました。

最新記事
最新コメント
マーケット
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
MicroAd
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。